かつて、戦争がありました。

遺伝子操作を受けて生まれたコーディネーターと、自然に生まれたナチュラルとの間の抗争に端を発した戦争は、
世界中の国々を巻き込み、休戦を挟みながら、ようやく4年前に、オーブ連合首長国主導の元に、終結しました。

オーブの代表、カガリ・ユラ・アスハ様は、史上初の統一地球圏連合政府の主席になり、弟のキラ様、
キラ様の奥方でカガリ様の親友でもあるラクス・クライン様と、世界をお治めになり、人類史上初の恒久平和を完成させたのでした。

 今の世の中に不満を持つ人は殆どいません。
 皆、にこやかに笑いながら過ごしています。
 ちょっとムシャクシャしても、ラクス様の歌声を聞けば、幸せな気分になれます。

 ときどき、街中でこの「世界はおかしい」と叫ぶ人を見かけますが、すぐにSPの方が連れ去って行きます。
 何でも、精神を患った可哀相な人なんだそうです。

 世界は平和でした。
 カガリ様の統治の元、人々は皆幸せでした。
 私もそう信じていました。
 あの日、あの人に出会うまでは………


シン・アスカ



「父さん、母さん、マユ、ステラ、ルナ、レイ、ハイネ、ミネルバのみんな………。オレは、オレは、帰ってきたぞ………」

 何の疑問も持たなかった、私の平凡な生活は、あの日、終わりを迎えました。

 

※タイトルをクリックして中にお入りください。

SINCE: 2005/10/04